GXUシリーズで物語風スライドショーを作ろう
  ストーリー風スライドショーの作成  


   ☆★ スライドショーを物語風に作って見ませんか ☆★

   お手持ちの写真でのスライドショーに、ストーリーを付けたいと思った事や
   スライドショーで、写真の説明が欲しいと思った事が有りませんか?

   何の手間もいらず、10分でストーリー風のスライドショーが楽しめます。
   こんなスライドショーを見たら、もうやめられなくなりますよ。

   ここでは簡単にストーリー風スライドショーの作成方法をご紹介します。
   誰でも、デジタル写真が有れば、簡単に作って楽しめます。



    ===≪ 手 順 ≫===

以下の制作手順で作成します。

@ テーマを決める。
   どんなも種類の物にするか決めます。
   何度でも簡単に出来るので、最初は難しく考えないで、目の前に有る画像とかで考えると良いでしょう。
   たとえば、温泉に言った時に写した写真が有れば、「温泉紀行」とか、
   ありふれたテーマで良い。凝ったものは慣れてからで、最初のうちは、簡単にしましょう。
   慣れると、画像を先に集めてからテーマを決める事も有る。

A 画像を集める。
   テーマを決めたら、そのテーマに沿った画像を集めます。
   温泉に言った時の画像が何枚か有ったら、それらの画像を、どこか実行させるフォルダに集めます。
   枚数は何枚でも良い、でもスライドショーですから、5〜6枚はないと面白くない。
   多すぎると、再生に時間がかかるのでひまな時でないと楽しめないので、100枚以内が良い。
   慣れて来ると、大作に挑戦して1,000枚以上とか制限は無い。
   初めての場合は10枚程度からで十分楽しめるので、その程度で作りましょう。
   この時集めるフォルダは空にしておきます。
   勿論、慣れて来れば一つのフォルダに画像を集めないでも出来ますが、
   最初はコピーして集めましょう。

B 画像の順番を決める。
   スライドショーの順番を決めます。
   GxSortUを集めたフォルダで開くと、集めた画像の一覧が表示されますから、
   マウスでドラッグして画像の並びを、出てくる順番にします。
   GxSortUの[Slidsyo]ボタンを押すと、現在の並びでスライドショーが始まります。
   スライドショーを試してその並びで良ければ順番が決まりました。

C 画像にコメントを付ける。
   画像に説明を付けます。    GrpeeXUを集めた画像のフォルダで開きます。前のGxSortUで順番を決めたら、
   GxSortUからGrpeeXUを起動させると、そのまま、すぐに説明を付ける事が出来ます。
   ここでは、タイトルも作成出来ます。GrpeeUの右上の欄がフォルダタイトルの欄です。
   下の欄に表示されている画像のコメントを付けます。

D ストーリー風のスライドショーの実行
   GxviewUで集めたフォルダの画像から起動させて、スライドショーを実行して試して下さい。

これで終了です、所要時間は10分もかかりません。



    ===≪ 制 作 ≫===

では、実際に作って見ましょう。

簡単なので、前項の、「手順」の説明でも充分理解出来た方もいると思いますが、実際に作る説明をします。
作成に使用した、GxviewU、GrpeeXU、GxSortUは下記の説明らんで説明してますが、
お持ちで無い方はフリーソフトのダウンロードコーナーからダウンロードして下さい。
ここでは、GxviewU、GrpeeXU、GxSortUが、すでにダウンロードして使える状態に有るものとして説明します。

最初に、写真を何枚か一つのフォルダに集める作業ですが、
この写真を別のフォルダへコピーする方法は知っているものとして説明します。
保存されている写真が、何処に保存されているか知らない、超初心者の方は
Windowsで、ファイルのコピーが出来る様になってからにして下さい。
ここでは、初心者でもファイルのコピー程度は出来るものとして話を進めます。
勿論、新規のフォルダも作った事が有る方を対象とさせて頂きます。
最初に、写真ファイルを一つのフォルダへ集めます。前述しましたが、慣れてくれば、集めなくても
色んな方法が有りますが、今回は初めてと言う事で基本的な方法で説明します。

集める写真はテーマに沿った写真を集めるのですがます、これも慣れてくれば関係ない写真でも、
こじつけた説明をつけると意外と楽しく使えるのでそこは臨機応変に。
今回は最初と言う事でテーマは付けません。何でも良いので10枚ほどの写真を集めましょう。
とりあえず10枚の写真を一つのフォルダに集めたら。
GxSortをそのフォルダで開きます。GxSortを起動させて、そのフォルダを開くには。
GxSortUの左側の緑の枠の空いている位置で、マウスの右ボタンをクリックします。
サブメニューが表示されるはずです。サムネール上で出るメニューとは違えものです。
メニューの「ファイル」-「リスト開く」-「Gx画像開く」で、画像の選択ダイアロクが出ますので
そこから、一つのフォルダ集めた画像を選択すれば、そのフォルダへGxSorUが移動します。
GxSortUを最初に起動させた場合は、画像の選択画面になりますので、画像を選択すれば良い。

正常に起動したら、集めた画像が一覧表示されているはずです。
起動状態では、サムネール(小さな画像)の下にファイル名が付いていますが、
この名前の上にマウスを持って行って、マウスの中央ボタンでクリックすると
「画像名変更」のダイアログが出ますので好きな名前を入れます。これはGXUシリーズで
画像を扱う場合の画像名(ニックネーム)でどんな名前を付けても構いません。
スライドショーでコメントを付けていない場合は、この画像名がコメントの変わりに表示されます。
短い説明なら、この画像名を使っても良い。但し画像名として、一覧表示の名前欄に表示
されるので、10文字以内にした方が良い。
記号は別の意味が有る場合に誤動作するので使うのは避けるのが賢明で有る。

スライドショーではその画像のコメントが有る場合はコメントが表示され、
コメントが無い場合は画像名が表示される。
ここでは、全ての画像に画像名をつけてみよう。
一覧表示されているサムネール(小さな画像)をマウスの中央ボタンでクリックすると実像サイズの画像が
表示されるので、実際の画像を表示させて、大画像を、マウスの右ボタンでクリックすると大画像は消える
大画像が消えたら、前述の画像名をマウスの中央ボタンでクリックして、画像名を変更する。
車の写真なら、「将来の愛車だ」とか、「赤がまぶしい馬車」の様に、少しふざけた名前を付ける方が
楽しめる。勿論、これは使う方のポリシーで好きな様に付けるのが良い。
何時でも簡単に変えられるので、最初は思い付いた単語を入れていって下さい。
全ての画像名を書き換えたら、
左の緑の位置の[SlidSyo]と言うボタンをクリックして見ます。

スライドショーが始まって、下の部分に、今変えた画像名が表示されているはずです。
すべての画像を一覧したら終了して戻ります。
どうです、名前は少しふざけて付けた方が面白いのが分かりませんか?
尚、スライドショーで画像名の右の数字は (現在の画像番号/フォルダ内ま総画像数)が表示されています。
画像名だけでも、ちょつとしたストーリーが出来る事が分かったでしょうか?
今度は、コメントをつけて見ましょう。
GxSortUの左の緑の空いている欄でマウスの右ボタンをクリックして、サブメニューを表示させて
3行目の「ツール」-「GrpeeX起動」を選んでクリックすると、GrpeeXUが起動します。
GrpeeXUでは、サムネールが下に一行で表示され、上に現在処理中の画像、右側大き目の二つの空欄が有り、
その下に、画像名のリスト一覧が表示されています。
反転されているサムネールは現在表示されているサムネールです。サムネールをクリックするとその画像が
表示されます。リストの画像名をクリックしても、その画像が表示されます。
表示された画像が処理できる状態です。右の大きな空白の下の方の空白にマウスを持って行ってクリックします。
入力カーソルが出ますから、適当なコメントを書いて下さい。
改行は「Enter」キーでします。空白行は入れないで下さい。表示が不安定になる場合が有ります。
行数は4行以内で入力します。

入力が終ったら、中央の大きな画像をマウスでクリックします。
全画面表示に変わって、今入力したコメントが、画像の下に表示されているはずです。
全画面でクリックで戻ります。戻ったら今のコメントを書き換えたら即、それに書き換えられるので
何度でも試して見る事が出来ます。
楽しいコメントが出来たら、全ての画像にコメントを付けて見ましょう。

全ての画像にコメントを付けたら、画像名リストの右側に有る[Auto]ボタンをマウスの中央ボタンでクリックします。
スライドショーが始まって、今付けたコメントが下に表示されるはずです。
一巡したらスライドショーは終了して戻ります。

スライドショー時にコメントを読んで行くと、ここには、こんなコメントを付けると面白いと言う
アイディアが浮かんで来ると思いますので、今度は、思い浮かんだコメントに直して見ます。
コメントを直し終えると、最後に、このストーリーにタイトルを付けます。
コメントを記述していた上の空白らんに、このストーリーのタイトルをコメントと同じ様に記述します。
ここも、完全にフリーで、好きなタイトルを付けます。
例えば、
「私の温泉紀行・湯布院編」 と「」かっこは不要ですが、4行以内に入力します。
ここもタイトルですので、2行以内に抑えたほうが良いでしょう。
1行10文字以上の方が見栄えが良い。
ここで空白行は絶対にいれないで下さい。
タイトルの入力が終ったら、試して見ましょう

画像を先頭の画像に戻します、画像名リストボックスのさいしょの行の画像名をクリックし表示します。
先頭画像が表示されたら、画像名リストの右側に有る[Auto]ボタンをマウスの中央ボタンでクリックします。
スライドショーが始まって、今付けたタイトルが最初に表示されるはずです。
タイトルは、左にスクロールされて消えていきます。その後スライドショーが始まります。

どうですか、ここまでやりれ終えると、こんな画像を集めてたら、こんなストーリが出来ると
思いたったのではないでしょうか?、作成規則は一切無いので、アイデア次第では傑作が出来ますよ。
さっそく、楽しいストーリー風スライドショーの作成に取り掛かってみてはいかがでしょうか?



    ===≪ 日記風、記録スライドショーの作成 ≫===

物語風のスライドショーとは別に、日記風なスライドショー、記録スライドショーなどの作り方についても書いておきます。
物語風スライドショーと同様な使い方が日記風、記録風なスライドショーで出来ます。

たとえば、子供の成長記録の過程をデジタル写真に撮って、保管して有る場合、何らかのメモが必要になります、
昔の写真であれば、写真の裏に、何歳の時の誰々とか、何歳の七五三のすました誰々とか、メモるか、アルバム
に貼り付けてメモっていましたが、デジタル写真ではアルバムソフトで見る時にメモ欄が有り書き込める様に
なっているのも見かけますが、デジタル写真ではフィルム写真と違い、沢山の写真出来る為、管理整頓が難しく
なっています。GXシリーズのGmanXは100万枚の画像も簡単に整理出来るソフトですが、
ここでは、管理では無く、子供の成長記録をスライドショーで作る方法を説明します。

子供の写真の成長記録を保管している場合、多分同じ様な写真が沢山有ると思います、この為スライドショーでは
似たような写真は省いて、とっておき1枚をスライドショーさせるのがポイントです。
たとえば、1000枚写真が有った場合、スライドショーをした場合、間隔時間にもよりますが、3秒間隔で流しても
1時間もかかります、どんなに楽しいスライドショーでも1時間はきついです、その為縮小して100枚ぐらいに
減らす工夫が必要です。1000枚のうち100枚取って、残りを削除するのは愚の骨頂、出来れば100枚ずつ10タイトル
の作品に仕上げるのが一番ですが、これはかなりの根気が必要、まずは100枚の画像でする場合、100枚の画像を
別のホルダに移して、作っていくと、益々画像の数が増えて収集付かなくなりそうです。

ここで使える技として、GxSortUでは、画像の抹消機能が有ります。これは現在必要な画像だけ登録しておき
不要の画像は登録抹消しておく方法です、そうすれば末梢した画像はGxUシリーズでは出てきません。
抹消はGxSortUで画像を抹消枠にドラッグするだけで簡単に抹消出来、必要な時には、ドラッグして簡単に戻せます
これで、残った画像だけで並びをかえたり(出てくる順番を簡単に変えられる)
こうして、残った画像にメモをつけておくと、非常に分かり易い見ていて退屈しないスライドショーが出来ます。
GxSortUを使えば、一つのフォルダでは無く、複数のフォルダに無差別に保管されている画像をリスト化する事が
簡単に出来る為、もっと違った作りのスライドショーが出来ます。
成長記録だけでも1万枚を超えるなんて時には、GxSortUとGmanXを使えばより簡単に画像の管理と整頓が出来るので
100枚の画像を選ぶのも簡単で、より効率的なスライドショー作成が出来ます。

数が少ない場合は、GxviewUとGrpeeXUだけでも、ストーリー風のスライドショーは出来ますが、
有る程度数が増えると大変な作業になります。100枚超えた画像でストーリー風スライドショーを作るなら
やはり、GxSortUは必要でしょうね。

尚、スライドショーの画像にはファイルの作成日時が表示されるので、結構、記録ものとしは使いやすいでしょう。
これらの日記、記録風のスライドショーであれば、色んなコメントが思いつく事でしょう。
人間の一生を200ギガのハードディスクに納めた日には、どうなるのでしょうか?

これらの成長記録や結婚式の披露宴の写真など、見せた本人が思っている程、見せられた人は面白いものではない。
スライドショーで延々1時間も見せられると断りきれずに苦痛の時間となる事でしょうから
楽しいコメントを付ける事を是非お薦めします。思わず苦笑したりするコメントを付けると苦痛だった人も結構
楽しめたりするもの。スライドショーはコメント次第ですよ。
他人がつまらないもの程、みせたがったりする事が多いようですから。
思わず見入ってしまうスライドショーを是非作って下さい。スライドショーは他人に見せる事が多いようですから。


    ===≪ その他のストーリー風スライドショーの作成 ≫===


その他では、ペット物、犬や猫の写真を撮り捲っている人もおおいですが、これもスライドショーにするなら、
何かコメントつけなければすぐに飽きてしまう、大半が同じような写真だから。
いくら可愛い写真だって、同じような写真が何枚もだったら退屈してしまう。
こんな時に、「すねた、ラムちゃん、相手してあげないよ〜」
「ふくちゃんは、お腹すいて我慢できにゃいにゃ〜」
「ご機嫌なピーちゃん、今日もいち、に、ちゃん、はい・・・」
など、他愛も無いコメントをいれておくと間が持ったりする。

趣味のコレクションものは、おたくが入っているので本人のこだわりのコメントをつける事でしょう。
他人の入れない世界だったりするので、でもこんなコレクターならこだわりの逸品が出来そう。

特に多そうなのが、旅行記もの、1度旅行するとデジタル画像が1000枚なんて良く有る事で
こんな人は、スライドショーを見せたがる、コメント無い味気ないスライドショーに、直接説明が
入るので、見なければならい、せめて楽しいコメントが有れば良いのにと思ったりする。
旅行記ものは、記憶が残って入る内にコメントを付けるのがポイント、案外忘れてしまうので。

冠婚葬祭も、画像がたくさん保管されて、身内が集まった時には、デジタル画像の見せ合いになったりして。
こんな時にもコメント入れたスライドショーはなごめる。不謹慎なコメントも許されたりして。


    ===≪ ビジネスで使うスライドショーの作成 ≫===


他には、ビジネスで使うのも有効でしょう。商品のカタログをスライドショー見せたりするのに
ユニークな説明入りのスライドショーなんて絶対、効果てき面だと思いませんか。
営業マンはアプローチブックがノートパソコンに変わったら、凄いスマートだし。
どんな業種でも使えそうです。

ムービーを作ったり、高価なパンフレットを作るより、効果的なスライドショーが簡単に出来れば、
これは本当に、ビジネスで最高の効果が期待出来るかも知れません。
仕事で使うスライドショーなど、どんなに凝ったものでも1時間も有れば最高の物が出来るし。

不動産等の物件でも、新しい物件のパンフレットに即座に載せるなんて事は製作的にも無理なので、
このスライドショーを使うと、新しい物件が出たら即座にスライドショーで展開が可能だ
スライドショーの画像とコメントの両方でアプローチすれば、
ひょつとしたら、どんな商売やっている方にも最高のツールになるかもしれませんね。

制作費が安い、早い、簡単、これ売りですね。

商売やっていて、興味の持った方は是非テックプロへ連絡下さい。
最高のアドバイスさせて頂きます。GXUシリーズのビジネスタイプも考えたりします。
(このコーナー部分は、ほとんど今の思いつきで記述してます)でも、本当に効果的な物が出来そうですね。



≪最後に≫

スライドショーにバックミュージックをつけている場合が有ります。これはGxviewのスライドショーに付けるか
随分検討がなされたのですが、MP3などの音楽を入れるのは簡単ですが、果たして現状で最適なのかが問題となり
見合わせています。と言うのは、現在のパソコンではMp3やWave、とCD、DVDと環境は多彩で、かなり高品質の
音楽が手軽に利用出来ます。こんな環境で取って付けた音楽を流すなら、DVDの音楽を聴きながらスライドショー
を楽しんだ方が数段快適ではないかと結論づけたためです、効果音などの使い方も有りますが、
音楽を流したいなら、音楽をパソコンで流しながら、スライドショーを利用して下さい。
今時、パソコンで音楽が流せない環境の方はいないと思います。
将来的には、面白いアイディアが浮かんだ場合はスライドショーで音響効果付くかも知れません。





ここで紹介したストーリー風スライドショーは、GXUシリーズを使用しています。
GXUシリーズは、画像管理の為のアプリケーションパッケージで、各ソフトは単体でもダウンロード出来ますが
それぞれで得意な分野を分担して動作する為に、単体で使う場合は制約が有ります。
出来れば同時に4つをダウンロードする事をお薦めします。
尚、GmanXは1ヶ月の期間限定で(以降継続して使用する場合は有料となっています)すが、
GmanXをダウンロードすると、他の3本が梱包されてすぐに使用出来ます。

今回紹介した、物語風スライドショーの作成には、全てが有ると便利。
最低、GxviewUが無ければ動作しません。簡単に作る為には、GxSortUとGrpeexUを使います。
GmanX以外はフリーソフトで自由に使えますが、GxSortUは、GmanXがインストールしていなければ
使えませんので、GmanXの試用期間中にGxSortUをお使い下さい。

制作に使用した画像ソフトの紹介。



     Gxviewのダウンロード ◆GxViewU
  どこにでも有る画像ビュアとはちょと違って、驚く機能が満載。
  画像ビュアとして、自由にフォルダ移動、徘徊が出来てします。フォルダ移動は凄い
  GXビュアの凄さはスライドショー、種類の多さは驚かされる、それも他で無い内容
  スライドショーの順番もGXソートを使えば自由自在に替えられる。
  仮想フォルダに集めたリストをスライドショーさせる機能は応用多彩。
  フォルダも自在に移動出来、フォルダのリストでのスライドショーが出来る。

     Grpeexのダウンロード ◆GrpeeXU
  画像をデータをテキスト管理編集するツール。
  これを使えば、画像に好きなコメントを付ける事が出来る。コメントはスライドショーで
  表示出来るので便利だ。この機能を使えば、スライドショーで物語が出来るのだ。
  フォルダにコメントを入れると、最初にタイトルとして表示されスクロールされる。
  記念写真、記録写真など使って自分だけのストーリーが出来る。
  画像リストを使えば、本格的なストリーが出来てしまうのには驚かされる。

     GxSortのダウンロード ◆GxSortU
  画像、フォルダの順番を並び換えて、画像を自在に扱えるツール。
  今までのファイル名に番号をふったりせずに一覧を見て、ドラッグして移すだけ
  簡単に画像の順番を変えます。サムネールで一覧表示させたものを印刷も出来る
  扱うのは画像だけでなく、フォルダも自由に並び替えが出来ます。フォルダを替えると
  スライドショーでフォルダ移動の順番を替える事が出来ます。
  別のフォルダに有る画像を自由に仮想フォルダに集めた様に扱う事も出来る。
  サムネールの印刷機能も簡単に並び替えが出来るので使い道が多い。

     GmanXのダウンロード ◆GmanX
  大量の画像を細分化してフォルダ管理するツール。
  多機能な為、やや複雑になっていますが、画像をたくさんのフォルダへ分けて管理します。
  その為、フォルダがたくさん出来て整理するのに困った時に出番が登場です。
  フォルダをビジュアルに探したり移動が出来、画像が簡単に見つかります。





















  tecpro2006(c)